マーケットプレイス設定ウィザードとは

マーケットプレイス設定ウィザードを使うと、マーケットプレイスの基本的な設定を行うことができます。

ショップ

会社名 会社名を入力します。
運営者Eメールアドレス 運営者のEメールアドレスを入力します。
国名 会社の所在地(国名)を選択します。
郵便番号 会社の郵便番号を入力してください。
都道府県 会社の都道府県を入力してください。
市区町村 会社の市区町村を入力してください。
会社住所 会社の住所(市区町村以下)を入力してください。番地ビル名など
電話 会社の電話番号(代表)を入力してください。
電話(2) 会社の電話番号(予備)を入力してください。
Webサイト 会社のウェブサイトのURLを入力してください。
ショップ開設年 ショップの開設年(西暦)を入力してください。

ビジネスモデル

「設定」ボタンをクリックすると支払方法設定画面を開きます。

1回の支払いで売上を出品者に自動分配 Stripe Connect 決済 を使用します。出品者もStripeアカウントが必要です。
1回の支払いで全ての売上を運営者に入金 出品者は管理画面より残高引出要求をし、運営者は出品者に手動で送金します。
出品者から税金を徴収 徴収した税金はマーケットプレイスの運営者が取得します。

出品者

出品者登録手続き
管理画面アクセス:承認不要、ショップ表示:承認不要 出品者は「有効」ステータスになります。出品者は、ショップに表示され、管理画面にアクセスできるようになります。同時に、出品者プラン料金の初回支払期限となります。
管理画面アクセス:承認不要、ショップ表示:承認要 出品者は「保留」のステータスになります。ショップには表示されませんが、管理画面にアクセスできるようになり、商品の管理を開始することができます。運営者がステータスを「有効」に変更すると、出品者プラン料金の初回支払期限となります。
管理画面アクセス:承認要、 ショップ表示:承認要 出品者は「新規」ステータスになります。運営者がステータスを「有効」に変更すると、管理画面にアクセスできるようになり、ショップに表示されます。また、出品者プラン料金の初回支払期限となります。
出品者情報フィールド 「設定」ボタンをクリックすると出品者情報フィールド設定画面を開きます。
出品者管理画面
出品者管理画面 オンにすると出品者管理画面アドオンが有効となり設定可能となります。
出品者データ設定
商品データ登録に関する承認 オンにするとすべての出品者は商品を登録する際にシステム管理者の承認が必要となります。
商品データ更新に関する承認 オンにするとすべての出品者は商品を更新する際にシステム管理者の承認が必要となります。
出品者データ更新に関する承認 オンにするとすべての出品者は出品者データを更新する際にシステム管理者の承認が必要となります。

デザイン

デザインの選択やロゴを更新することができます。

設定

管理者への連絡 「設定」ボタンをクリックすると管理者への連絡設定画面を開きます。
出品者への連絡 「設定」ボタンをクリックすると出品者への連絡設定画面を開きます。
タイムゾーン ショップ所在地のタイムゾーンを選択します。
日本の場合は、GMT+9:00を選択してください。
注文IDの開始値(未入力の場合自動設定) 注文番号(ID)の開始値を入力してください。1 から 10,000,000までの半角数字を入力するか、未入力のまま保存してください。
最低注文金額 このショップの最低注文金額を設定します。
0とした場合は、注文金額の下限は設定されません。(無料商品のみの注文も可)
在庫切れ商品を表示 在庫が切れた商品も表示するかを選択できます。
クイックビューの有効化 商品一覧で商品のクイックビューを有効化します。
在庫管理を行う 商品の在庫管理を行います。ダウンロード商品などは在庫を管理する必要はありません。
マイナス在庫を許可 在庫の無い商品でもカートに入れて購入ができるようにします。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました